レアル、GS最終戦は8発大勝…C・ロナ&ベンゼマがハットトリック

写真拡大

 チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が8日に行われ、レアル・マドリードとマルメが対戦した。

 グループAではレアル・マドリードの首位通過、パリ・サンジェルマンの2位がすでに確定。最下位のマルメは引き分け以上で試合を終え、シャフタールが勝ち点を落とした場合、3位でヨーロッパリーグに回る可能性が残されている。

 先制したのはレアル・マドリード。12分、左サイドのクリスティアーノ・ロナウドがクロスを入れると、エリア内のイスコが合わせる。このシュートがこぼれたところをカリム・ベンゼマが押し込んだ。さらに24分、今度はC・ロナウドが右からクロスを上げ、エリア内のベンゼマが頭で合わせてネットを揺らした。

 早くも2点のリードを得たレアル・マドリードは39分、エリア手前左で得たFKをC・ロナウドが直接決めて、さらに点差を広げる。

 後半に入っても攻撃の手を緩めないレアル・マドリードは47分、イスコのシュートがこぼれたところをC・ロナウドが詰めて4点目。さらに50分、右からのクロスをエリア内で受けたC・ロナウドが右足で決めて追加点を奪いハットトリック達成。続く59分にもベンゼマからの折り返しをC・ロナウドが決めて、スコアは6−0となった。

 止まらないレアル・マドリードは70分にもマテオ・コヴァチッチが加点。さらに73分にはカリム・ベンゼマがハットトリック達成となるゴールを奪い、8−0で試合終了。マルメを寄せ付けず、決勝トーナメントに向けて弾みをつける大勝を飾った。

【スコア】
レアル・マドリード 8−0 マルメ

【得点者】
1−0 12分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2−0 24分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
3−0 39分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
4−0 47分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
5−0 50分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
6−0 59分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
7−0 70分 マテオ・コヴァチッチ(レアル・マドリード)
8−0 73分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)