ニコラス・ブレンドン
 - Albert L. Ortega / Getty Images

写真拡大

 テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のケヴィン・リンチ役で知られる米俳優のニコラス・ブレンドンが恋人の首を絞めて逮捕された事件で、器物破損の罪を認め、条件付きで釈放されることになった。Timesunion.comなどが報じた。

 ニコラスは9月30日(現地時間)にニューヨーク州サラトガ・スプリングスのホテルで恋人とけんかになり、警察が呼ばれたとのこと。恋人はニコラスに届け物をするためにホテルを訪ねたというが、帰ろうとするとニコラスが車の鍵を取り上げ、携帯電話を壊して引き留めようとしたという。その際、彼女は首を絞められたらしい。彼は、2件の器物破損行為と窒息させる行為、第3級強盗罪で逮捕されていた。

 今回は、器物破損行為1件の罪を認める代わりにほかの罪は不起訴となる司法取引をしたようだ。現在、リハビリ施設に入所しているニコラスは、罪状認否のために出頭し、すぐに施設に戻ったという。釈放される条件として、薬物とアルコールのカウンセリングを受けること、今後1年間、法を犯さないことなどが挙げられている。(澤田理沙)