サプライズに泣き笑いの広末涼子

写真拡大

 広末涼子主演でベストセラーエッセイを映画化した「はなちゃんのみそ汁」のプレミア試写会が12月8日、都内で行われ、広末と滝藤賢一、子役の赤松えみなちゃん、阿久根知昭監督が出席した。

 この日は、広末の娘役を演じたえみなちゃんから、サプライズで広末と滝藤へ手紙が送られた。えみなちゃんが「いっぱいわがまま言って困らせてごめんね。千恵ママ(広末)がたくさん心配してくれたって聞いたよ」「千恵ママと信吾パパ(滝藤)の子どもになれて本当によかったです」と一生懸命読み上げると、笑顔で聞いていた広末は思わず目を潤ませた。滝藤も目を赤らめ、「泣かそうとしたな(笑)」とおどけ、会場の笑いを誘っていた。

 さらに、滝藤が「嬉しいですね。あんまり現場ではこういう風に聞いたことなかったので」と言うと、広末も「こんな静かな彼女は初めて見た。芝居(している時)より芝居が上手い!」とえみなちゃんの普段のわんぱくぶりを明かした。“愛娘”の成長ぶりに目を細めた2人だったが、直後にえみなちゃんが自らめくり上げたスカートを広末と滝藤が慌てて隠す一幕も見られ、相変わらずのやんちゃぶりに顔を見合わせて大爆笑していた。

 また広末は、「優しい映画に仕上がったと思います。現場はシリアスにならざるを得ないシーンもたくさんあるなかで、もしかしたらお空の千恵さんが守ってくれていたんじゃないかっていうくらい、感動的な瞬間が何度もあった」と感慨無量の面持ち。最後は、手をつないで舞台を下りようとするえみなちゃんに満面の笑みで応え、本当の親子さながらの関係性を見せていた。

 「はなちゃんのみそ汁」は、乳がんのため33歳で早逝した安武千恵さんの闘病生活を、千恵さんのブログ、5歳の娘はなちゃんの手紙、夫の信吾さんの手記でつづった、2014年刊行のエッセイを映画化。余命わずかな母が、みそ汁作りなどの家事を通して、娘に“生きること”の本質や喜びを伝えていく。12月19日から東京・テアトル新宿と福岡で先行公開、2016年1月9日から全国で公開。