アリシア・ビカンダー REX FEATURES/アフロ

写真拡大

 「コードネーム U.N.C.L.E.」「リリーのすべて」など話題作に引っ張りだこのスウェーデン出身の女優アリシア・ビカンダーが、ドイツの巨匠ビム・ベンダース監督の次回作「Submergence(原題)」で英俳優ジェームズ・マカボイと共演することになった。

 同作は、スコットランド人作家J・M・レッドガードが2013年に発表した同名小説の映画化。激しい恋に落ちた男女が1年後、男はソマリアで捕虜になり、女はグリーンランドの深海に潜ろうとするなかでお互いを思うという設定のロマンチックスリラーだ。マカボイとビカンダーが主人公の男女を演じる。

 ショーン・ペン監督作「ザ・ラスト・フェイス(原題)」の脚本家エリン・ディグナムが脚色にあたり、2016年春のクランクインを予定している。