ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー

写真拡大

今年8月、ついにジェニファー・アニストン(『フレンズ』)とゴールインして夫婦となったジャスティン・セロー(『LEFTOVERS/残された世界』)が、ハネムーン中、九死に一生を得ていたことを明かしている。

【関連記事】<ドラマスター編>年下男性は永遠のブーム!? ハリウッドの年の差カップルをまとめてみました!

米E!Onlineによると、米トーク番組『Live with Kelly and Michael』にゲスト出演したジャスティンが、ハネムーンで危険な目に遭ったことを語ったという。ポリネシアのボラボラ島でジェニファーとハネムーンを過ごしたジャスティンは、二人でスキューバダイビングを楽しんだ。熱帯魚や珊瑚があまりにも綺麗だったため、次の日は友人も誘ってダイビングへ出掛けることに。ところが、2度目のダイビングで彼らを引率したインストラクターは英語をほとんどしゃべれず、大きな言葉の壁があったとのこと。

一行は海中に潜ったが、しばらくするとジャスティンは自分のタンクの酸素がなくなりかけていることに気づき、インストラクターにジェスチャーでその旨を伝えようとした。だが、彼の意図することを理解しなかったインストラクターは、ダイビングを続けるように指示。しかし、タンクの酸素がほとんど空になっていたため、ジャスティンが再び合図を送ると、やっと事の深刻さを理解したインストラクターが、予備のマスクをジャスティンに取りつけて事なきを得たという。

「空気が頭上にあるっていうのに、緊急事態になっちゃったんだ」と笑ったジャスティンだが、マスクを取り換える時、口の中に海水が流れ込んでかなり苦しかったそう。とにかく、大きな事故につながらなくて本当に何よりだった。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ジェニファー・アニストンの結婚式に招待されなかった『フレンズ』の共演者、「招待されなかったから仕方がない!」『フレンズ』ジェニファー・アニストン、婚約者とサプライズ挙式!ジェニファー・アニストンが料理本を制作、美の秘訣も明かす!