「男はつらいよ」全49作品がdTVで配信

写真拡大

 映像配信サービス「dTV」で12月1日から、日本映画史に残る不朽の名作「男はつらいよ」のシリーズ48作に特別編を加えた全49作品が独占配信されている。

 12月に「母と暮せば」、来年3月に「家族はつらいよ」の公開が控える名匠・山田洋次監督と、主人公の「フーテンの寅」こと車寅次郎を演じた故渥美清さんのコンビで製作された「男はつらいよ」シリーズは、寅次郎の故郷である葛飾・柴又や、寅次郎が訪れる日本各地を舞台に、寅次郎とマドンナとの恋愛模様や周囲で巻き起こる騒動を描いた人情喜劇。1969年に公開された第1作から27年にわたり全48作品が公開され、同一主演俳優による世界最長の映画シリーズとしてギネス記録にも認定されるなど、幅広く愛されている。

 配信タイトルは、記念すべき第1作「男はつらいよ」から、95年公開の「男はつらいよ 寅次郎紅の花」までの48作品と、名作と言われる第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」をベースにシリーズの名場面や新撮映像を盛り込み、渥美さんの死後に製作された「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」を加えた全49作品が勢ぞろいしている。

 dTVの利用料金は月額500円(税抜き)。初回登録から31日間は無料。テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能。