写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米BOX OFFICE MOJOは12月4日〜12月6日の全米週末興業成績を発表した。

3週連続『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』がトップ。累計興行収入は|2億2,711万2,000ドルと公開3週間で2億ドルの大台を突破した。

2位はホラー作品『Krampus(原題)』が初登場。クリスマスを祝わなかったことで、サンタの代わりに悪魔を召喚してしまった少年の家族が巻き込まれる悪夢の一夜を描く。日本ではDVDでのみ発売された『トリック・オア・トリート』のマイケル・ドハティが監督を務め、『LIFE!/ライフ』のアダム・スコット、『ミュリエルの結婚』、『シックス・センス』のトニ・コレットらが出演している。

3位『クリード チャンプを継ぐ男』は前週と変わらず。前週2位の『アーロと少年』は4位にランクダウン、『007 スペクター』も4位から5位へと順位を下げた。

以下も6位『The Night Before(原題)』、7位『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』など、2位の初登場作品を覗き、順位もラインナップも前週とあまり変わらないトップ10結果となった。

○全米週末興行成績TOP 10(12月4日〜12月6日)

(神野恵美)