メタリックドレスとファーのコートで登場したアマル・クルーニー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

先日ロンドンで行われたメイクアップアーティストのビューティショップのフラッグショップ開店祝いのパーティに参加したアマル・クルーニー。ランバンのメタリックドレスとファーのコートで完璧に決めたはずのアマルだが、ブラが露出している姿をパパラッチされ、さんざんな日となってしまったようだ。

【写真を見る】細い体型に対し「やせすぎ」との声が上がっている/写真:SPLASH/アフロ

アマルが着ていたのは、お腹が見えるデザインの2ピースの上下のドレスで、トップスは襟付きのオフショルダー、ボトムはガウチョパンツと、トレンドをしっかり抑えたスタイル。以前なら絶賛されていたかもしれないが、昨今バッシングの対象となりつつあるアマルには、厳しい目が向けられている。

「37歳で、人道弁護士でもある大人の女性が、お腹出しファッションはありえない」「アルミホイルを身体に巻いているみたい」「凹凸がなく、まるで筒を紙で巻いているみたい」といったように、ファッションと体型を非難する声が相次いでいるが、もう一つの指摘はかなり強烈だ。

デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、やせすぎのせいかオフショルダーのトップスの脇からは、どの角度からもレースの白い平凡なブラジャーが見て取れる。メタリックなトップスに、白いブラジャーという組み合わせは、雰囲気的にもマッチせず、露出を前提としたものとは言い難いことを発見したユーザーたちは、「ブラジャーは計算外のハプニングだ」と指摘している。

しかし更に辛辣なのは、そのブラジャーの位置に対する指摘。「お洒落じゃないブラジャーが露出してしまったうえに、胸の位置がかなり低いことがわかってしまった」「まったく胸がないのに、ブラの位置がかなり下なのには驚いた」と、タレ乳の烙印まで押される始末となってしまった。【NY在住/JUNKO】