若手コンセプトアーティスト田島光二による「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」のキービジュアル/[c]Kouji Tajima

写真拡大

北海道夕張市で開催され、毎年冬の恒例行事となっている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。26回目となる次回2016年2月25日(木)〜29日(月)の期間で開催が決定しており、現在は各部門その他上映作品の最終選定に入っているが、この度、キービジュアルが発表された。

【写真を見る】「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」は1万4368人が来場した

2016年度の映画祭キービジュアルは、国内外の有名CG映画のコンセプトアートを手がけている田島光二によるもの。弱冠25歳にして『ハンガー・ゲーム2』『GODZILLA ゴジラ』などのハリウッド超大作から『寄生獣』『進撃の巨人』シリーズに関わるなど、若手コンセプトアーティストとして注目を集める田島が特別に描き下ろした一枚は、マスコットキャラクター「シネガー」が幻想的に描かれたインパクト抜群のものに仕上がっている。

田島は今回のビジュアルについて、「ポスターイラスト担当させて頂けてとても光栄です。一瞬でも「おっ」と思ってもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

また、今年度から映画祭では「ゆうばり映画祭サポーターズクラブ」を設立。2015年で映画祭のメイン会場「ゆうばり市民会館」が老朽化のため閉館となり、新たにメイン会場の移設を余儀なくされているが、この機にかつて財政破綻前にメイン会場だった「ゆうばり文化・スポーツセンター」を復活させようというものだ。寄付金額により様々なインセンティブが用意されたプライベート・サポーターと、運営を実際にサポートする2種のボランティア・サポーターを募集しているので、公式サイトをチェックしてみてほしい。【Movie Walker】