予告編視聴回数がコメディ映画史上最高を記録!
画像は「ズーランダー」(2001)劇中カット 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 ベン・スティラーが監督・製作・脚本・主演を務めた2001年の傑作コメディ「ズーランダー」の続編「ズーランダー2(原題)」の予告編が、コメディ映画として史上最高の視聴回数をネット上で記録したことが、配給の米パラマウント・ピクチャーズから発表された。

 スティラーが再び監督と主演を務める「ズーランダー2(原題)」の予告編第1弾(www.youtube.com/watch?v=4CL4LNWHegk)は、11月18日にオンライン公開されたが、最初の1週間で5220万ビューを記録。史上最高の視聴回数だという。これまでの記録は「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」の4900万回だった。

 「ズーランダー」は、おバカモデルのズーランダー(スティラー)を主人公に、ファッション界を舞台に繰り広げられるコメディ。続編にはスティラーとライバルモデルのハンセル役のオーウェン・ウィルソン、デザイナーのムガトゥ役のウィル・フェレルほか、ミラ・ジョボビッチ、ジャスティン・セローらオリジナルキャストが復帰。さらに新キャストとしてペネロペ・クルスとクリステン・ウィグ、ベネディクト・カンバーバッチらが参加している。

 「ズーランダー2(原題)」は、2016年2月12日の全米公開を予定している。