秋のダート王決定戦、GIチャンピオンズカップ(中京・ダート1800m)が12月6日に行なわれる。

 この舞台に海外から挑む、唯一の外国馬がいる。香港調教馬のガンピット(セン5歳/父ドバウィ)である。

 これまで18戦8勝という戦績のガンピットだが、重賞の勝ち鞍だけでなく、重賞レースの出走経験さえない。それでも今回、海外からの出走馬として選定されたのは、オールウェザー(以下、AW)コースでの競走に限れば、7戦7勝という戦績を誇り、そんな底を見せていない未知の魅力があってのことだろう。

 芝のレースが大半を占める香港では、JRAにおける芝とダートほどの競走数の配分はなく、AWのレースは芝のレースの半分にも満たない。そのため、重賞レースはなく、日本のオープン特別に相当する「クラス1(※)」のレースにしても、年に片手の数ほども行なわれていない。
※香港のレースの格付けは、クラス5、4、3、2、1と上がって、その上が重賞レースとなる。

 つまり、AWでの高い適性と能力があっても、それを発揮できる舞台が香港にはない。そうした実情があって、ガンピット陣営も日本のダート戦への挑戦を早い段階から検討してきていた。

 ガンピットが日本遠征を意識したのは、今年の3月。香港・シャティン競馬場におけるAWのレースで5勝目を挙げたときだった。ガンピットはこのレースで、同競馬場のAW・1650m戦のコースレコードを12年ぶりに塗り替えたのだ。

 さらに7月、ガンピットは同じ条件のレースで再び自身のレコード記録を更新。これで、陣営の秋の目標は完全に日本に定められた。

 ガンピットが所属する香港ジョッキーズクラブも、同馬の海外遠征を後押しする。当初のスケジュールでは、チャンピオンズカップから逆算してのいい頃合いに、ガンピットが出走できる(クラス1以上の)AWのレースは組まれていなかったが、9月に新シーズンが始まってすぐに、同クラスのAWレース(11月18日/シャティン・AW1650m)を追加設定したのだ。

 そして、およそ4カ月の休みを経て同レースに出走したガンピットは、余裕たっぷりの走りで圧勝。再度、自身のコースレコードを1秒も上回ってみせた。

 AW戦では無傷の7連勝。しかも、直近の3走はすべてレコード勝ち。香港において、これ以上ない成績を残して日本のダート戦に参戦することとなったガンピット。だが、実際のところ、日本を代表する一線級のダート馬を相手にして、はたして実力は足りるのか。

 参考にしたいのは、今年3月に行なわれたドバイワールドカップデーにおける、ダート戦の成績である。

 日本馬は、GIIUAEダービー(メイダン・ダート1900m)に3頭が出走し、ゴールデンバローズ(牡3歳)3着、タップザット(牡3歳)5着、ディアドムス(牡3歳)8着という結果に終わった。また、GIドバイワールドカップ(メイダン・ダート2000m)には、ホッコータルマエ(牡6歳)とエピファネイアが挑み、それぞれ5着、9着に沈んだ。そして、それら5頭はいずれも勝ち馬から大きな差をつけられていた。

 一方、香港馬は、GIドバイゴールデンシャヒーン(メイダン・ダート1200m)に3頭が出走。そのうち、スーパージョッキー(せん7歳)とリッチタペストリー(せん7歳)が、勝ち馬から僅差の2着、3着と好走した。

 まったく別のレースで、日本馬との対戦もないだけに、多少強引な比較になってしまうかもしれないが、スーパージョッキーにしろ、リッチタペストリーにしろ、香港のAWレースで実績を残している馬たちだ。さらに、リッチタペストリーは昨年、アメリカに遠征してGIサンタアニタスプリントチャンピオンS(サンタアニタ・ダート1200m)も制覇している。

 要するに、香港のAWレースでトップレベルにある馬であれば、そのまま世界でも通用するレベルにあると見ていいのではないだろうか。とすれば、日本のダート戦で勝ち負けに加わっても不思議ではない。

 ただ、気になるのは、日本のダート適性と、香港馬にはほぼ経験がない、左回りや最後の直線の坂に対応する能力があるかどうか。ガンピットを管理するキャスパー・ファウンズ調教師は、こう語る。

「(ガンピットの)実力は疑いようがない。左回りにしても、ゴール前の坂にしても、心配はしていない。ただ、私にとっても、日本のダート適性だけは、やってみないことにはわからないんだよね」

 過去、何度となく香港馬を連れて日本の大舞台に挑み、勝ち鞍こそないものの、GIIセントウルSで2回の2着入線(2010年グリーンバーディー、2011年ラッキーナイン)を果たすなど、結果も出してきたファウンズ調教師。それでも、ダート戦に愛馬を出走させるのは初めてのこと。さすがに、その適性に関しては半信半疑だった。

 香港ジョッキーズクラブの発表によれば、香港のAWの標準タイムは、1800m戦で1分48〜49秒。日本のダート1800m戦に比べて相当速いが、馬場の表層は決して薄いわけではない。

 中京競馬場のダートは、表層であるクッション層には海砂が9cm敷かれている。翻(ひるがえ)って香港のAWは、砂、松皮(5mm以下に砕かれたもの)の混合物による5〜7.5cmのクッション層に、同じ混合物で密度を高めた7.5〜10cmのセミコンパクト層で構成されている。ということは、中京のダートコースよりも好時計が出やすい馬場でありながら、表層が約15cmある香港のAWコースは、むしろ良馬場であれば、パワーを要する馬場になっていると考えられる。

 ガンピットは、7戦すべて良馬場で勝っている。そのことを踏まえれば、日本の深くて重いダートコースに対応できる可能性は十分にある。

「ここで好走するようなら、東京大賞典(12月29日/大井・ダート2000m)も視野に入れてある。そうは言っても、まずはここが全力投球。(日本馬には)強い馬が3頭くらいいるのは聞いているけど、ガンピットにも期待してほしいね」(ファウンズ調教師)

 今年の高松宮記念を制したエアロヴェロシティをはじめ、日本の短距離、マイルGIで旋風を巻き起こして、数多くの栄冠を獲得してきた香港馬。ガンピットが、それら偉大なる先輩たちに続いてもおかしくない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu