厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第27回:タイムレスメロディ

 JRAの数ある重賞レースの中でも、最も栄誉あるタイトルと言えば、GI日本ダービー(東京・芝2400m)だろう。"競馬の祭典"として親しまれ、ホースマン憧れの夢舞台でもある。競走馬を所有するオーナーたちは、毎年ダービー馬を探して仔馬を購入していると言っても過言ではない。

 それほどのタイトルだからこそ、ダービーを制した馬の血統には注目が集まり、その弟や妹となれば、自然と取引額は高くなる。これからデビューを迎えるタイムレスメロディ(牝2歳/父ディープインパクト)も、ダービー馬の半妹で、早くから話題となっていた一頭だ。

 タイムレスメロディの兄は、2009年のダービーを制したロジユニヴァース(牡/父ネオユニヴァース)。同馬は、2歳となった2008年7月にデビューすると、翌年3月のGII弥生賞(中山・芝2000m)まで無傷の4連勝を飾った。しかも、デビュー戦以外はすべて重賞レース。高い能力とレースセンスを見せつけた。

 そうして迎えた春の牡馬クラシック。第1弾となるGI皐月賞(中山・芝2000m)では断然の1番人気に推されたが、まさかの14着と大敗を喫してしまった。さすがにそこから立て直すのは厳しいと思われたが、次走のダービーでは、ドロドロの不良馬場の中を力強く抜け出して優勝。競馬界最高峰の栄誉を勝ち取ったのだった。

 そんなダービー馬を兄に持つタイムレスメロディ。所属する高野友和厩舎(栗東トレセン/滋賀県)では、こんな評価が聞こえてくるという。関西競馬専門紙のトラックマンが仔細を伝える。

「スタッフからは、『血統馬らしく、見栄えのする馬体』というコメントが聞かれました。『いいモノを持っているし、将来的には期待している』とのことですね。現時点では、12月6日の2歳新馬(阪神・芝1400m)をデビュー戦に定めているようです」

 良血馬が数多く所属する高野厩舎にあって、「タイムレスメロディの素質に対するスタッフの期待値はもともと高かった」とのこと。持っている潜在能力は、すでにスタッフも感じ取っていたということだろう。

 とはいえ、その素質の開花については、長い目で見たほうがよさそうだ。先述のトラックマンが続ける。

「調教で強い負荷をかけると、スクミ(※筋炎や筋肉痛の悪化したもの)が出てしまうなど、まだ少しひ弱な面があるようです。デビュー戦からいきなり勝ち負けできるかどうかは、微妙なところですね。

 それでもスタッフは、『体がしっかりすれば、必ず走ってくれるはず』と、タイムレスメロディの資質に対する疑問は持っていません。レースを経験させながら、無理をさせることなく、大事に使っていく方向のようです。"それだけの血統馬だからこそ"という面もあるでしょう」

 2歳時は体質面から順調に使えなかった馬でも、成長とともに高い能力を見せたケースは山ほどある。タイムレスメロディも、体質強化とともに、その血の力を少しずつ発揮していくことだろう。その秘められた素質が開花する瞬間を、楽しみにしたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara