昨年の競馬・ジャパンカップ。カクテル光線の中、エピファネイアの圧勝劇を覚えている諸賢も多いだろう。勝利の裏側には、騎手乗り替わりのドラマがあった。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、同氏が外国人騎手の凄さについて語る。

 * * *
「肥え馬、難無し」という諺があります。健康面ではそのとおりでしょうが、競馬の場合はそうとも限りません。

 厳しい調教をこなし、シビアなレースを経て、競走馬は急成長します。「肥える=パワーがあがる」です。パワー漲る馬の走りに、騎手がついていけないケースも出てきます。

 ジャパンカップのような強力なメンバーが揃うタフな競馬では、2400メートル、騎手の指示をきちんと聞けるかどうかが大事です。いいスタートを切って道中をじっと我慢し、仕掛けどころで素早く反応できるかどうか。

 エピファネイアには“扱いにくい”印象がついて回りました。卓越したパワーを持てあまして“引っ掛かる”傾向が強い。だから騎手の力量が物を言う。祐一君(福永祐一騎手)は新馬戦から騎乗し(弥生賞のみ騎乗停止中のためビュイック騎手)、2013年の皐月賞2着、ダービー2着と健闘し、神戸新聞杯の勝利を経て菊花賞でGI初制覇と、エピファネイアの特徴を自家薬籠中の物にしてくれました。

 しかし、祐一君はジャパンカップではジャスタウエイ(2着)に騎乗。大人の事情、などと世間では言うようですが(笑い)、競馬ではよく起こりえることです。

 こういうときこそ、外国人騎手です。C・スミヨンは期待に応え、絶妙の仕掛けを見せて圧勝。「やっぱり外国人騎手は巧い」という声が多く聞かれました。具体的にどこが巧いのか。なにが優れているのか。

 エピファネイアくらいパワーとスピードのある馬が、引っ掛からずに走るには騎手にもパワーが要ります。大きい馬体で上下動が大きく、日本人騎手の細い体と腕力では制御が難しいこともある。それで仕方なく馬群の一番後ろにつけざるをえない。

 しかし外国人騎手は引っ掛かっても“押して”中団くらいで我慢できる。スミヨンは身長があり(173cm)、体重も普段は54kgくらい。足が長くて下半身に力があります。馬の上下動の振幅を、足と下半身の力でうまく吸収できる。馬に不自由な思いをさせず、膝の動きでスピードをコントロールするのです。

「いつもなら行きたくて仕方がないのに、今日は4コーナーまで自然と抑えられちゃった。直線、力を出し切るぞ。おっ、ちょうどゴーサインが出た」

 エピファネイアはそう感じていたのではないでしょうか。

 外国人に限らず良い騎手全般に共通することですが、勝負所では体が勝手に動いている。「今だ!」と思ってからではコンマ数秒遅いのです。このことは誰も教えてくれないし、私も若手騎手に言わない。レース経験を重ねて自分で気づくしかない。やはり、感性が大事です。

※週刊ポスト2015年12月11日号