【激ウマ】雪見だいふくの天ぷらが衝撃のウマさ! マジでウマすぎて号泣!

写真拡大 (全7枚)

アイスクリームに冷たいデザート。冬の季節にこそ暖かい部屋で食べたくなるものですよね! 特にロッテの「雪見だいふく」はその大定番とも言える存在でしょう。

最強のアレンジ料理を発見!

その雪見だいふくをアレンジして作るスイーツがあまりにも絶品という情報を入手しました! それはなんと、雪見だいふくを天ぷらにするというもの……!

大福だから調理可能!

もちろん、普通のアイスを油で揚げれば、その瞬間にアイスが溶けてしまいます。ところが、雪見だいふくはアイスをお餅で包んだ大福状になっているため、高温で大急ぎで揚げれば溶けずに済むというのです!

早速、カチカチに凍らせた雪見だいふくを冷凍庫から取り出し、素早く衣をつけて油の中に投入します!

大急ぎで揚げる

高温の油の中に入れたら、衣が固まり次第すぐに取り出します。ここは超スピード勝負!大福に穴があいてしまえば、一瞬にして中身のアイスが溶け出てしまうことでしょう……!

無事に雪見だいふく天ぷら完成!

どうにか失敗せずに雪見だいふく天ぷらを完成させることができました。慌ててしまったので形はあまりキレイではありませんが、揚げたてのうちに食べてみることにしましょう!

はじめて味わう食感!

ひと口かじってみると、いまだかつて味わったことのない食感に驚いてしまいました。表面はアツアツでサックサク、なのに中身の大福はモッチモチです。そして中から冷たいバニラアイスが溶け出てくるのです……! はじめての食感が一気にたくさん畳みかけてきます!これはすごい!そしてウマいぞ……!

アツアツでもひと口でOK!

最初はおそるおそるだったので少しだけかじってみましたが、ひと口で一気に食べてしまうのがオススメ。衣はアツアツですが、中の冷たいアイスが瞬時に中和してくれるので問題ありません。

中から溶け出てくるアイスをすべて口の中で受け止めることができるので、ひと口で一気に食べるのがベストの食べ方だといえるでしょう。

揚げ物料理のついでにぜひ!

もしご家庭で天ぷらやトンカツなどを作る際には、あまった衣を使ってぜひ作ってみてください。雪見だいふくはもちろんそのまま食べてもおいしいですが、ちょっとのアレンジでぜんぜん違うオシャレなスイーツに変わりますよ。

■執筆:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/