クロップのハグは影響大? ミニョレ「選手たちは信頼を感じている」

写真拡大

▽21日に行われたプレミアリーグ第13節でマンチェスター・シティに1-4と圧勝したリバプール。ベルギー代表GKシモン・ミニョレは、チームを率いるユルゲン・クロップ監督からの信頼を多くの選手が感じていることを明かした。

▽リバプールにとってシティ戦は、クロップ監督就任以降で最高のパフォーマンスとなった。クロップ監督の標榜するプレッシングフットボールが馴染み始めたチームの評価が上昇している中、ミニョレは同監督の“ハグ”がチームに好影響を与えていると話した。

「彼は全ての選手をハグする。それは良い感覚を与えてくれることだよ。それは彼が支えてくれていることを意味するわけだからね」

「そういうことは選手としては必要なことなんだ。監督やスタッフが信頼してくれて、僕たちが同じ方向を向いているとわかることはね」

▽また、ミニョレは、シティ戦でリバプールが披露した高い位置からプレスをかける戦術についてもコメントしている。

「それは監督が来た最初の日から彼が本当にハードに取り組んでいることだよ。ボールを失ったら、できるだけ早くそれを取り返すために、高い位置からプレスをかけるんだ」

「そして、それはマンチェスター・シティ戦で僕たちがやったことだ。その試合では、相手には彼らのプレーを披露して試合をコントロールするようなチャンスは与えなかった。それは監督がやりたかったことだ」