「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の一場面 (C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

写真拡大

 アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を審査対象とするために、恒例のAFIアワードの発表延期を決定したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 AFIアワードは、21世紀の映像文化の保存を目的に、毎年優れた映画とテレビドラマをそれぞれ10本ずつ選考する賞として知られている。今年は12月7日に発表を予定していたものの、このほど16日に延期を決定。理由は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を審査対象に入れるための措置だという。

 通常、映画会社はAFIアワードをはじめとする映画賞の審査員のために先行試写を行うものだが、ディズニーは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の試写を許可していない。そのため、12月14日にロサンゼルスで行われるでワールドプレミア以前に審査の締め切りがある映画賞では、対象とならない。そのため、ニューヨークやロサンゼルスの批評家協会賞やゴールデン・グローブ賞では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は審査対象とならないが、今回の延期により、AFIアワードで「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の名前があがる可能性が出てきた。