テイラー・キッチュ Photo by Alberto E. Rodriguez/WireImage/Getty Images

写真拡大

 「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」のグザビエ・ドランによる新作「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」に、テイラー・キッチュ(「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス)が出演することがわかった。

 同作は、カナダ出身のドランが監督する初の英語作品で、架空の人気俳優ジョン・F・ドノバンの人生がゴシップ騒動により暗転するさまを描く風刺劇。スーパーヒーロー映画で有名になったドノバンと、11歳のファンの私的な書簡が流出し、あるゴシップ記者がドノバンを児童性愛者のように仕立て上げる。

 ドノバン役を「ゲーム・オブ・スローンズ」でブレイクしたキット・ハリントン、ゴシップ記者役をジェシカ・チャステインが演じ、スーザン・サランドンとキャシー・ベイツのオスカー女優2人の出演も決定している。米Wrapによれば、キッチュの役柄の詳細は伏せられているが、ユニークなキャラクターで登場するとのこと。また、歌手アデルもカメオ出演するという。

 「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」は来春、撮影スタートの予定。