ジョニー・デップの愛娘リリー・ローズ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジョニー・デップが、愛娘リリー・ローズが自分の性的指向について「流動的」と発言したことについて、父親として娘の姿勢を応援すると発言している。

【写真を見る】バイセクシャルであることを公表しているジョニーの妻、アンバー・ハード/写真:SPLASH/アフロ

リリーは今年の夏にSelf Evident Truthsという運動に参加した際、「私は完全な異性愛者ではない」と告白してLGBTコミュニティーから称賛を浴びていた。

やはりバイセク宣言をしているアンバー・ハードと結婚しているジョニーは、娘の性的指向についても知っていたそうで、「彼女はソーシャルメディアで大勢のフォロワーを持っているからね。フォロワーはみんなひどく驚いていたみたいだけど、僕は違う。僕は知っていたのさ。彼女は何だって僕に話してくれるから。怖がらずにどんなことでも僕に打ち明けてくれる。僕らの絆はとても強いんだ。そのことを僕は誇りに思っている」とジョニーはデイリー・メール紙に明かしている。

また、ジョニーはリリーについて美しいだけでなく賢い娘だと話しており、大人たちよりも聡明だと語っている。「彼女はしっかりしている。頭の切れる子で、僕がこれまで会った人々の中で最も賢い人間の1人だ。僕なんかを遥かに超えているよ。僕のほとんどの友人たちもね」

「彼女はとても分別があるから、責任をもってきちんとした人生を生きてくれると信じている。でも、僕が完全に娘を心配することをやめて、彼女を世界に送りだす日が来るとは考え難いね」とジョニーは話している。【UK在住/ブレイディみかこ】