1978年に起きたカルト教団“人民寺院”による集団自殺事件をモチーフにした衝撃のホラーが公開/[c]2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

写真拡大

全編POV(主観映像)で集団自殺の現場を“体感”できてしまうという衝撃のドキュメンタル・ホラー『サクラメント 死の楽園』(11月28日公開)。本作から、緊迫感漂う衝撃の逃走シーン動画が解禁となった。

【写真を見る】表向きは楽園のように見えた共同生活だったが、その内情は…/[c]2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

本作のモチーフになっているのは、1978年に教祖の指導のもと信者914人が一斉に自殺したカルト教団“人民寺院”の集団自殺事件。『ホステル』シリーズや『グリーン・インフェルノ』(11月28日公開)のイーライ・ロスが製作・脚本を、『V/H/S シンドローム』(12)のタイ・ウエストが監督を務め、この恐るべき実話を映画に仕上げた。

カルト教団信者たちの集団生活を潜入取材するため、「エデン教区」と名付けられた地を訪れたVICE社(実在する突撃潜入取材スタイルのメディア)のパトリック、サム、ジェイクの3人。そこは教祖“ファーザー”が統治する平和で豊かな地上の楽園だったが、信者のひとりが「助けて」と書かれたメモを渡してくるなど、徐々に不可解な空気が見え隠れし始める。

この度解禁されたのは、集団自殺を始めた信者たちからの逃走シーンの映像。教団の真実を暴かれた教祖が集団自殺を命じ、クルーの一員ジェイクはこの地から脱出するためカメラを持って森へ逃げ込み、木の陰に身を潜めるが、銃を持った信者がすぐそこまで迫ってくる…という内容となっている。

POVで撮影された映像は、まるで自分が追われているかのような錯覚に陥ってしまうはずだ。ぜひ劇場で、この恐ろしい史上最悪の集団自殺事件を体感してみてほしい。【Movie Walker】