トム・クルーズ 写真:Chris AshfordCamera Pressアフロ

写真拡大

 トム・クルーズが、米ユニバーサル・ピクチャーズの大ヒット映画「ハムナプトラ」シリーズのリブート版に主演を検討していると米Wrapが報じた。

 リブート版には昨夏、「スター・トレック」「アメイジング・スパイダーマン2」の人気脚本家アレックス・カーツマンが監督に起用された。カーツマンは、「ウォンテッド」「ワイルド・スピード」シリーズの脚本家クリス・モーガンと企画開発しており、2人はプロデュースも手がける。脚本は、「プロメテウス」のジョン・スペイツが執筆している。

 「ハムナプトラ」シリーズは、砂漠の奥地に眠る“死者の都”に財宝探しに出かけた一行と、生きながらミイラにされこの世に再びよみがえった魔道士の戦いを描いた冒険アクション。1999年の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」を皮切りに、「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」(01)、「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(08)の3作が、ブレンダン・フレイザー主演で製作された。

 リブート版のストーリーは明らかになっていないが、現代を舞台に新たな登場人物たちを描く、ホラー要素も含んだアクションアドベンチャーになるようだ。全米公開は17年3月24日の予定。

 クルーズは現在、「アウトロー」続編「Jack Reacher: Never Go Back(原題)」を撮影している。また、「ミッション:インポッシブル6」が16年8月にクランクインする。