KY刑事への意気込みを明かす小泉孝太郎

写真拡大

 俳優・小泉孝太郎が、2016年1月放送のテレビ東京ドラマ「警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜」に主演することがわかった。これまでは華麗なエリート役が多かった小泉だが、今作ではマイペースでつかみどころのない“究極のKY刑事”を演じており、新境地を開拓した。

 人気シリーズ「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」などで知られる、作家・富樫倫太郎氏の「生活安全課0係 ファイヤーボール」を連続ドラマ化。お払い箱になった人材の掃き溜め部署である「なんでも相談室」(通称ゼロ係)に異動したキャリア警視・小早川冬彦が、男勝りで口の悪い女性刑事・寺田寅三とバディを組み、ゼロ係の問題児たちとともに難事件をドタバタと解決していくさまを描く。

 これまでのイメージを覆す役どころに挑む小泉は、「今まで僕が演じてきた精悍(せいかん)な刑事とは全然違うんです。KYでオタク気質もあり、ちょっと間が悪かったり。でも事件解決に結びつくことには鋭さを持っている」と説明。そして、「独特なリズムを持つ変な男の役という今までやったことないタイプの役なので、すごく楽しみです」と期待に胸膨らませ、「あえて刑事というのを意識せずに、今までのよくある刑事像とは違う、僕も今まで演じたことがない刑事像というのを作っていきたいと思います」と意気込んでいる。

 また、KYということには「周りの人をイライラさせる役を演じるのは初めてなので面白いし、楽しみでもあります」と笑う。さらに、視聴者に向け「すごく親しみやすいドラマになればいいですね。見終わってから初めて『あ、刑事ものだったんだ』って思ってしまうような、面白いドラマを目指したいです」と明かしている。

 ドラマ「警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜」は、松下由樹、安達祐実、大杉漣、手塚とおる、石丸謙二郎、寺島進、加藤茶らが共演する。1月からテレビ東京系で放送開始。