1億8,700万円かぁ
 - MGM / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 1939年にアメリカで公開された映画『オズの魔法使』で主人公ドロシーを演じたジュディ・ガーランドが着用していた衣装が、米ニューヨークで行われたオークションで、156万ドル(約1億8,700万円)で落札されたとオークション会社ボナムスが発表した。(1ドル・120円計算)

 本作は、魔法の国オズに迷い込んだ少女ドロシー(ジュディ)が、知恵のないカカシ、心を入れ忘れたブリキ人形、臆病なライオンと、故郷に戻るために旅をするというミュージカル映画。アカデミー賞作曲賞、歌曲賞を受賞しており、「Over the Rainbow」などの名曲を生み出した。

 今回オークションに出品されたのは、劇中で実際にドロシーが着ていた青と白のギンガムチェックのドレスとクリームカラーの半袖のブラウスで、どちらの衣装にも“ジュディ・ガーランド”の名前が記されているという。オークション前には80万ドル(約9,600万円)から120万ドル(約1億4,400万円)での落札が予想されていたが、入札者3人による競売にかけられた結果、予想金額を大きく上回る156万ドル(約1億8,700万円)で売却されることとなった。落札者の情報は明らかにされていない。

 同作からは2012年のオークションに出された魔法の赤い靴が約200万ドル(約2億4,000万円)、昨年出品された臆病なライオンの衣装が約310万ドル(約3億7,000万円)で落札されている。(編集部・海江田宗)