あごの辺りの肉付きがよくなったジョニー・デップ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

はれあがった顔でファンを震撼させていたジョニー・デップ(52)の顔がますます巨大になり、ミッキー・ローク化が止まらないようだ。

【写真を見る】膨れ上がった顔で登場し、ファンを震撼させた時のジョニー/写真:SPLASH/アフロ

ジョニーは、ロサンゼルスで開催された妻のアンバー・ハードの出演作『リリーのすべて』(日本16年3月18日公開)のプレミアに出席。アンバーも白シャツに黒いスーツ姿でジョニーとコーディネートし、夫婦仲睦まじい姿を見せつけた。

9月に開催されたベネチア国際映画祭で久しぶりに公の場に姿を現したジョニーのはれあがった顔はファンを愕然とさせたが、今回はさらにはれあがっており、ますます巨顔に。「美男子&セクシー俳優からボクサーに転身し、崩れた顔を修正するために何度も整形を繰り返していることを認めているミッキー・ローク(63)の顔が、どんどん膨れあがっている状況と似ている」として、デイリー・メール紙がふたりの写真を並べて掲載している。

ファンは既に諦めの境地に入りつつも、別の作品のための役作りが続いていると信じたいようだが、「やっぱりボトックスのやり過ぎ?」「お酒とドラッグで顔が変形してしまった」「どうせ顔をいじっているのなら、ずっとやり続けて欲しい」といった声や、「アンバーと結婚してから加齢が加速した気がする」「アンバーに精気を吸い取られたのでは?」「アンバーと結婚して安心しちゃったのでは?」といったように妻のアンバーに怒りの矛先が向かっているようだ。【NY在住/JUNKO】