悟&愛梨の仕事風景とらえた劇中カットもお披露目 (C)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

写真拡大

 藤原竜也と有村架純が初共演し、三部けい氏原作の大ヒットコミックを実写映画化した「僕だけがいない街」が、2016年3月19日に公開されることが決定し、あわせて劇中カットが初披露された。主人公・悟(藤原)が、ヒロイン・愛梨(有村)を守るため手を引いて走る様子をとらえている。

 売れない漫画家でフリーターの悟は、ある事件や事故の原因を取り除くまで何度でも時間がさかのぼる「再上映(リバイバル)」という現象に巻き込まれてしまう。18年前に起きた児童連続誘拐事件がリバイバルした悟は、大人の精神をもったまま小学生の過去をやり直し、真犯人の究明に乗り出す。そして、当時は気づかなかった友人の優しさや母親の愛情に触れ、悟の「過去」が新しい記憶に塗りかえられていく。

 劇中カットはそのほか、ふたりの仕事風景が垣間見える2枚が公開。悟が編集部で原稿を突き返される場面や、アルバイト先のピザ屋の同僚・愛梨が配達用のバイクに乗る姿を切り取っている。

 クランクアップ時のインタビューで、藤原は「愛梨は、すごく大切な存在。愛梨も難しい役だけれども、架純ちゃんらしく成立させて、そして務め上げていた」と有村の奮闘を絶賛。さらに、悟が愛梨を守るヒーローのように成長していくことになぞらえ、「(自身の)兄貴の背中を見て育ってきたから、兄貴は頑張っているヒーローなんですよね。僕が小さいころから追っかけてきた存在なんです」と兄の存在が役作りに影響を及ぼしていることを明かした。

 「僕だけがいない街」は、テレビドラマ「天皇の料理番」で東京ドラマアウォード2015の作品賞グランプリを含む4冠に輝いた平川雄一朗監督がメガホンをとり、及川光博、森カンナ、子役の鈴木梨央ちゃんらが共演。16年3月19日に全国で公開。