「世紀の光」の一場面 (C)2006 Kick the Machine Films

写真拡大

 タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の幻の傑作といわれる「世紀の光」(2006)の日本初劇場公開が、2016年1月9日に決定。このほど、登場人物がまばゆい光に包まれた、ポスター画像がお披露目された。なお、最新作「光りの墓」は3月に公開予定だ。

 「世紀の光」は2つのパートに分かれ、前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台。医師の恋の芽生えなどのエピソードが2つのパートで反復され、観客は夢を見ているような奇妙な感覚に誘われる。ラストには日本のバンド「NEIL&IRAIZA」の楽曲が用いられている。また、タイ語の耳触り、闇に聞こえる虫や動物の声、空調ダクトの響き、懐かしいメロディ、開放的なポップミュージックなど、感覚に働きかける音使いも大きな魅力になっている。

 「世紀の光」は2016年1月9日、「光りの墓」は3月シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。