DVDボックスの発売が決まった
「ロミオ×ジュリエット」 (C)2007 GONZO・CBC・SPJSAT

写真拡大

 イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの没後400年となる2016年、シェイクスピアの代表作「ロミオとジュリエット」を原案としたテレビアニメ「ロミオ×ジュリエット」がメモリアルDVDボックスとなって発売される。本編全24話(約570分)を3枚のDVDに収録し、16年7月6日に発売。価格は1万6000円(税抜き)。

 同作は、アニメスタジオ・GONZOが04年の「巌窟王」に続き、海外古典を原作にアレンジを加えたテレビアニメで、07年4〜9月に放送された。舞台となるのは、架空の空中浮遊都市ネオ・ヴェローナ。かつてこの地を統治していた名家の血を引く少女ジュリエット・フィアンマータ・アース・ド・キャピュレットが、両親の仇の息子であるロミオ・カンドーレ・ヴァン・ド・モンタギューと互いの素性を知ることなく出会い、恋に落ちるが、ジュリエットが背負う運命が2人を悲劇の渦へと巻き込んでいく。