ジェニファー・アニストン Photo by C Flanigan/Getty Images

写真拡大

 ロバート・デ・ニーロが自身の主演映画として長年にわたり構想を温めてきた「ザ・コメディアン(原題)」に、ジェニファー・アニストンが出演することがわかった。

 デ・ニーロ扮する年老いた毒舌スタンダップコメディアンが主人公の「ザ・コメディアン(原題)」は、デ・ニーロ主演作「トラブル・イン・ハリウッド」の製作・原作・脚本を手がけたアート・リンソンが脚本を執筆。米バラエティによれば、アニストンはある結婚式でデ・ニーロと出会い、親しくなる女性を演じるという。

 「ザ・コメディアン(原題)」は、「Ray レイ」「PARKER パーカー」のテイラー・ハックフォード監督がメガホンをとり、2016年初頭に米ニューヨークでの撮影が予定されている。