11月22日に行なわれるGIマイルCS(京都・芝1600m)。GI馬9頭が集う豪華な一戦となったが、予想するファンにとっては、確たる中心馬が不在の"難解なレース"となっている。

 難解となった原因は、実績上位の馬たちにつきまとうマイナス材料だ。例えば、春のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)を制した現在の"マイル王者"とも言えるモーリス(牡4歳)は、その安田記念以来、5カ月半ぶりの出走。ぶっつけ本番の臨戦過程には、やはり不安が残る。

 GI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)で3着と奮闘したイスラボニータ(牡4歳)にも、気がかりがある。同馬にとって、1600mのレースは2歳8月のGIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)以来。久々のマイル戦で戸惑ってもおかしくない。

 その他の実績馬もそれぞれ少なからず不安要素を抱え、レースの行方はひと筋縄ではいかないムードにある。とすれば、意外な穴馬が台頭するチャンスも十分に見込めそうだ。

 そこで、ふたつの視点から今回の穴馬を探してみたい。

 ひとつ目は、このレースにおける"穴馬の歴史"だ。ここ10年、マイルCSで大金星をあげた伏兵馬からヒントを得たい。

 過去10年のマイルCSにおいて、6番人気以下で勝利した馬は以下の2頭である。

◆2010年=エーシンフォワード(13番人気=単勝5240円)
◆2014年=ダノンシャーク(8番人気=単勝1810円)

 この2頭の戦績を見ると、ひとつの共通点が存在する。それは、2頭とも本番までのレースで上位人気になりながら、その評価に応えられなかったことだ。その結果、本番のマイルCSでは大きく人気を落としたのである。

 エーシンフォワードは、前哨戦となったGIIスワンS(京都・芝1400m)で、1番人気に推されながら8着に敗退していた。また同馬は、2走前のGI安田記念(9番人気、10着)の前にも、GII京王杯スプリングカップ(東京・芝1400m)で1番人気の支持を得ていたが、4着に敗れていた。

 ダノンシャークは、マイルCSの前に、GIII関屋記念(新潟・芝1600m)とGIII富士S(東京・芝1600m)でいずれも1番人気となった。しかしそれぞれ、2着、7着と敗退。人気に応えられなかった。

 前哨戦とも言えるレースで、人気を背負いながら敗戦を喫した2頭。その結果、GIではさすがに力不足と見られてか、本番で大きく人気を落とした。

 つまり、穴馬として浮上するのは、近走で人気を裏切って、本番でガクンと評価を落とした馬である。その観点で今年のメンバーを見たとき、一頭、興味深い存在がいる。

 ロゴタイプ(牡5歳)だ。

 ロゴタイプは、GIを2勝(朝日杯フューチュリティS、皐月賞)している実績馬であり、今年は全レースで1〜3番人気の評価を受けてきた。しかし、ほとんどのレースで上位に食い込んだものの、勝利には至っていない。ゆえに今回は、有力視される馬が多数いることもあって、かなりの人気落ちが見込まれる。

 もちろんロゴタイプは、エーシンフォワードやダノンシャークのように、1番人気を大きく裏切ってきたわけではない。だが、それまでに上位人気で出走しながら白星をつかめず、本番のマイルCSで人気が落ちる状況は似ている。ここは思い切って、ロゴタイプを狙ってみるのも面白いのではないだろうか。

 ふたつ目は、臨戦過程。過去10年における勝ち馬の前走を見てみると、天皇賞・秋から挑んだ馬が5勝を挙げている。「勝率5割」という数字は、決して無視できないデータだ。ならば、穴馬を探すうえでも、このヒントを活用してみたい。

 今回、天皇賞・秋から参戦するのは、イスラボニータとヴァンセンヌ(牡6歳)の2頭のみ。イスラボニータは、久々の1600m戦ではあるが、上位人気になるのは確実だろう。穴馬としては適していない。

 伏兵として狙うなら、もう1頭のヴァンセンヌだ。

 ヴァンセンヌは、今春の安田記念でモーリスに次ぐ2着。着差もわずか"クビ差"だった。この距離での能力は、現役トップクラスで、勝ち負けできる底力を秘める。

 秋に入ってからは、GII毎日王冠(10月11日/東京・芝1800m)で9着。そして、天皇賞・秋では18着と惨敗した。この成績から人気は急落しそうだが、両レースとも道中で激しく引っかかっており、本来の差す競馬ができていない。言い換えれば、能力を出し切っていない、とも言える。近走成績のみで人気が上がらないのであれば、むしろ"美味しい"存在ではないか。

 ヴァンセンヌにとって、今回は久々のマイル戦だが、そもそも適距離でのレースとなれば、前2走より折り合い面で苦労することもないだろう。本来の差すスタイルが見事に決まれば、金星を挙げても何ら不思議ではない。

 混戦ムードが漂う中、秋のマイル王に輝くのはどの馬なのか。人気馬を狙うにせよ、穴馬を狙うにせよ、予想しがいのあるGI戦と言えそうだ。

河合力●文 text by Kawai Chikara