百会と角孫を刺激して美しい髪を手に入れよう

写真拡大

頭皮のツボを刺激することで、美髪効果が期待できるのです。
今回は頭皮のツボを刺激して、美しい髪や頭皮を作る方法についてご紹介します。

なぜツボ刺激?

体に異変を抱えていると、血行が悪くなって頭皮への血液の流れも悪化してしまいます。
その結果、髪の毛根に栄養が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛というトラブルが起きてしまうのです。
そこまで問題が深刻ではなくても、髪に「ツヤ」がないと感じる人もいるでしょう。
そこで血行を促すツボを刺激してあげると、頭皮への血液の流れも改善し、より美しい髪をキープすることができるのです。

どんなツボがあるの?

百会

百会は頭頂部のほぼセンターに位置しています。押すと軽い痛みを感じるはずですから素人でもすぐに分かるでしょう。
これは様々病気が原因で起こる「脱毛症」に効果があるだけではなく、冷え・めまい、ストレスなどを解消する効果もあるのです。

【ツボの押し方】
ツボの部分に人差し指と両手の中指を重ねて、まっすぐ体の芯に抜ける感じでプッシュしてみましょう。
もしあまりにも痛みが強いのであれば、一本の指だけでもOKです。もちろん爪で頭皮を傷付けることが無いようにしてください。

角孫

角孫というのは、耳の一番高いところの裏側にあります。
それによって頭皮の血行促進に高い効果があるのです。

【ツボの押し方】
両手の中指の先を百会に置いて、親指は角孫に配置します。
そして両手のひらで頭蓋骨を掴むような感じでツボを押すのです。この時には特に親指に力をいれてください。
痛みがあるときには、力を調整してください。

最適なタイミングは…

ツボ指圧に最適なタイミングというのは、筋肉が緩んで血液の循環がよくなっている「風呂上り」です。
頭をあらって、育毛剤を付けた後が望ましいでしょう。
ぜひ好きな音楽とか香りを楽しみながら、ゆっくりとした気分で行ってください。

頭皮のツボを刺激して健康な髪と頭皮を育てましょう。