GIマイルチャンピオンシップ(CS)が行なわれる、京都の芝1600m外回りコースの傾向としてよく挙げられるのは、ディープインパクト産駒の好相性だろう。事実、このレースは2013年トーセンラー、2014年ダノンシャークで連勝中。昨年は2着にもフィエロが入り、2012年3着のドナウブルー、2013年3着のダノンシャークも含め、過去3年で5頭も馬券に絡んでいる。今年も6頭が出走予定だ。

 しかし、今年はディープインパクト産駒によるGI勝利はここまで3つ。11勝を記録した昨年に比べるとやや勢いを失っており、今回は他の系統を狙ってみたい。注目するのはストームキャット系だ。2010年のエーシンフォワード(父フォレストワイルドキャット)、2011年のエイシンアポロン(父ジャイアンツコーズウェイ)がこの系統で、前者は13番人気(単勝52.4倍)、後者は5番人気(同9.8倍)と、比較的人気のない立場での勝利だった。馬券的妙味もある系統と言えるだろう。

 ストームキャットはアメリカ競馬史に残る大種牡馬で、一時期は種付料が50万ドル(約6000万円)まで高騰するほど人気を集めた馬。2013年に30歳で死亡したが、現在もアメリカのみならずヨーロッパでも父系(子孫)を広げている。日本で出走した直仔では重賞5勝、GI2着9回のシーキングザダイヤなどが有名で、ヘネシー、ヨハネスブルグ、ヘニーヒューズなどが種牡馬として輸入されている。その他ストームキャット系の代表馬としては、GI朝日杯フューチュリティSを勝ったゴスホークケン(父バーンスタイン)、アジアエクスプレス(父ヘニーヒューズ)、GIフェブラリーS馬のサンライズバッカス(父ヘネシー)などが挙げられる。

 アルビアーノは牝系も素晴らしい。祖母の全妹が2歳女王ヤマニンパラダイスで、GI皐月賞馬ノーリーズン、昨年のGI日本ダービー馬ワンアンドオンリーとも同じ。その他、世界的大種牡馬グリーンデザートや、昨年の米GIBCクラシックを勝ったバイエルンなどもいる、世界的な名門ファミリー出身なのだ。

 今年は日本の重賞戦線でも直系子孫の活躍が目立っており、エアハリファ(父ディスクリートキャット、GIII根岸S)、アクティブミノル(父スタチューオブリバティ、GIIセントウルS)、そして今回出走するアルビアーノ(父ハーランズホリデー、GIIスワンS、GIIIフラワーC)がJRA重賞勝ち馬となっている。

 また、母の父としても存在感を示しており、最近はディープインパクトとの"黄金配合"で取り上げられることも多い。この配合からはキズナ(GI日本ダービー)、ラキシス(GIエリザベス女王杯)、アユサン(GI桜花賞)、リアルスティール(GIII共同通信杯)、エイシンヒカリ(GII毎日王冠)などが出ている。ディープインパクトに限らず、ロードカナロア(父キングカメハメハ、GI香港スプリント)、メイショウボーラー(父タイキシャトル、GIフェブラリーS)、ファレノプシス(父ブライアンズタイム、GI桜花賞)、ダノンレジェンド(父マッチョウノ、GII東京盃)など母の父としての影響力は計り知れない。

 アルビアーノの父ハーランズホリデーは3歳時にアメリカのケンタッキーダービー前哨戦・ブルーグラスSなどGIを3勝した馬。昨年のJpnII関東オークスを勝ったエスメラルディーナもこの馬の産駒である。

 同馬は今年1月にデビューし、無傷の3連勝でGIIIフラワーC(3月21日/中山・芝1800メートル)を勝利。GI NHKマイルC(5月10日/東京・芝1600メートル)でも1馬身差の2着に好走した。そして前走のGIIスワンS(10月31日/京都・芝1400メートル)を、僅かデビュー7戦目、3歳牝馬として初めて勝利。牝馬としても2001年ビハインドザマスク(牝4)以来14年ぶりの勝利だった。これまで先行だった脚質も、前走では差す競馬にも対応。非凡な競馬センスを見せ、本番でもあらゆる展開に対応できそうである。マイルCSはこれまで、3歳牝馬による勝利は一度もないが、この馬ならジンクスを打ち破ることも可能だろう。期待したい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki