Edy、WAON、nanacoに続き、おさいふPontaも登場 便利な電子マネーはどれ?

写真拡大

最近は、スマホの普及やICカードの普及で、現金よりも電子マネーで買い物をするほうが便利になりつつある。

コンビニや駅の売店、自動販売機などは、電子マネーを利用するほうが、小銭を数えたり、お釣りを受け取ったりしなくて済むので便利だと感じることが増えてきた。

しかも電子マネーは、利用するとポイントやマイルが貯まるなど、現金で買うよりお得だったりするので、一度使い始めると手放せなくなる。

しかし、最近、急に電子マネーの種類が増えている。
実際、どれを持てばよいのか迷ってしまうことも多くなってきた。

●電子マネー選びは、利用エリアを見極めろ
ローソンから「おさいふPonta」も登場し、楽天EdyWAONnanacoなど、買い物ができる商業系(買い物系)の電子マネーは、今や沢山ある。SuicaやPASMOなど、交通系の電子マネーを含めると、その数は、さらに増える。

一体、どれを持てばよいのか迷うばかりだ。
とりあえず作ってみるのも手だが、作成には数百円の手数料がかかるものも多い。また、先にお金をチャージ(入金)して使うプリペイド型の場合、手持ちのお金が分散してしまって、経済的ではない。

まずは、自分がよく利用するお店を中心に考えると良い。

楽天Edyは、名前のとおり、楽天が運営する電子マネーだ。
コンビニ、スーパー、ドラッグストア、家電量販店、ショッピングモール、ネットショップなど、全国40万カ所以上の加盟店で利用できるのが特徴だ。
色々なお店で買い物をする人に向いている。

WAONは、イオンが運営するする電子マネー。
ふだんの買い物で、イオンを始めとするイオングループのお店をよく利用する人にお勧めだ。
あと、ファミリーマートやミニストップなどのコンビニ、ビックカメラなど全国約19万カ所でも利用できる。特にコンビニは、よく利用する店舗かどうかは要チェックだ。

nanacoは、セブン&アイ・ホールディングスが運営している電子マネーだ。
セブンイレブンのほか、イトーヨーカ堂、西武、デニーズなど全国約18万カ所で利用できる。特に、コンビニの中でもセブンイレブン派という人は持っておくとよいだろう。

おさいふPontaは、ローソンのポイントサービスPontaに、JCBのプリペイド機能が付いたものだ。
ローソンの各店舗にて無料で入手できる。
これまでPontaカードで貯めたポイントを移行することもできる。ローソンのほか、国内のJCB加盟店約900万店舗で利用可能だ。

●電子マネーのメリットを確認しておこう
電子マネーは、電子マネーカードまたは、カードを入れたスマホをかざすだけで、支払いが完了する、
・小銭を用意する煩わしさがない
・利用額に応じてポイントが貯まる(還元率はカードやサービス、店舗により異なる)
ポイントが倍になるサービスもある。またクレジット機能付きのカードの場合は、自動チャージできたり、ポイントが多く貯まったりする。
貯まったポイントは、1ポイント1円のように、電子マネーに交換できる。

電子マネーを使うことで、同じ物を現金で買うよりも、少額ながら確実にお得になる。
毎日の買い物で発生するので、まさに「チリも積もれば」が、大きな節約やメリットとなる。

なお、おさいふPontaは非接触型のICカードではないため、これまでのPontaカードのように、カードを店員に渡して支払う必要がある。ほかの3つの電子マネーとは利用方法が異なるので注意が必要だ。

●カードで利用するかスマホで利用するか
ここで紹介した楽天Edy、WAON、nanacoは、いずれもスマホ(おサイフケータイ)にも
対応しているサービスだ。

スマホの電子マネーで買い物ができれば、お財布がカードで膨らむこともなくなる。
またスマホをかざすだけで支払いを済ませられるので、おサイフを出す必要もなくなる。さらに、カードタイプの電子マネーと異なり、カードの発行手数料が無料なのも嬉しいポイントだろう。

機能面では、残高や利用履歴を確認することがスマホ上でできるし、残金不足でも、その場でネットからチャージできるのも便利なところだろう。

カードとスマホ、どちらが使いやすいと感じるかは人それぞれだが、おサイフケータイに対応したスマホを持っているなら、スマホ利用を試してみてもよいだろう。

電子マネーは便利だが、複数のサービスを利用すると、お金もポイントも分散して効率が悪くなる。

まずは、よく利用する店舗で利用できるもの1枚に絞ることがよい方法だろう。
もちろん、利用する場所が多い場合や、手数料やデポジットを気にしないのであれば、必要な電子マネーを増やすのもよい。

どちらにしても、ポイントを漏らさず貯めて、確実に使えることが大事なポイントだ。
また、ポイント還元率にこだわりすぎて、クレジットカード機能付きのカードを増やすのは、あまり得策ではないので、注意しよう。