京都競馬場の外回り2200mで争われるエリザベス女王杯。調教師・角居勝彦氏が運営する角居厩舎ではここ2年複数の出走があり、なかでもラキシスが活躍している(昨年1着、一昨年2着)。鮮やかに差し切る女王の秘話とは。キーワードは“格上挑戦”だった。数々の名馬を世に送り出した角居氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、色のついてない若駒を育てる難しさ、面白さについてお届けする。

 * * *
 空気がパリッと乾いて清々しい季節。昨年のエリザベス女王杯も気持ちのいい晴天でした。ラキシスの差し切り勝ちは秋の陽射しのようにくっきりと印象に残っています。一昨年は雨。同じ鞍上(川田将雅騎手)で悔しい2着だったのでなおさらです。

 ラキシスを見ていると、小学校の運動会を思い出します。2012年12月の新馬戦を2着に1馬身1/4差をつけて勝ち、明けた2月にオープンのすみれSで6着に負けた後は、4月にオークストライアルのフローラSを走らせました。1勝馬でしたが、あえて3戦目でGIIに挑んだ。角居厩舎ではこういう格上挑戦をよくやります。

 能力のある馬が新馬戦で勝つと、競馬をナメることがある。楽に勝てるから遊んで走ってしまう。小学校の運動会では、足の速い子はいつも1等をとるものです。でも、それも小学校のうちだけで、成長するに従って差はなくなってくる。

 浮かれた精神状態のときに、強いメンバーの中で走らせてやる。厳しいレースになるから「遊んでる場合じゃない!」と焦るわけです。逆に萎縮してしまう馬もいるので、気性やタイミングを見極めて判断します。

 ラキシスはフローラSで11着と完敗したあと、ぐっとメンタルが成長しました。猛省したんでしょう。ちなみにこのときの1着は同厩のデニムアンドルビー。レース後、「なにやってるのよ。あなたなら、もっと走れるでしょう?」と叱られたのかもしれません(笑い)。

 秋は条件戦の2勝をはさみ、いきなりエリザベス女王杯に使いました。これもかなり強引ですが、ラキシスがさらに成長する好機と見ました。オークスと秋華賞を勝っていたメイショウマンボに完敗したものの、2着に頑張ったのは、とてもいい経験でした。このとき角居舎からは他に3頭(デニムアンドルビー、オールザットジャズ、ディアデラマドレ)出していました。春に完敗したデニムアンドルビー(5着)を見返せたことも収穫でした。

 昨年の鮮やかな差し切りには、そういった経緯がありました。

 格上挑戦成功の好例です。その後、ラキシスはデニムアンドルビーやディアデラマドレ(2014年エリザベス杯で3着)と良きライバル関係を築いています。頭が良くて真面目。ラキシスが期待に応えてくれたので、舎全体がパリッとしてくるんですね。今度は、彼女が後続を引き上げる立場になると思います。

※週刊ポスト2015年11月20日号