秋元才加の肉体美に会場から大きな拍手!

写真拡大

人気アクションシリーズ「牙狼 GARO」の10周年記念作品『劇場版 媚空 ビクウ』。初日舞台挨拶が11月14日に新宿バルト9で開催され、秋元才加、朝倉えりか、大橋明監督、雨宮慶太総監督が登壇。会場からは、秋元が劇中で披露した見事な腹筋に大きな拍手が上がり、秋元が「こんなに腹筋で褒められたことはない」と笑顔を見せた。

【写真を見る】秋元才加と朝倉えりかが『劇場版 媚空 ビクウ』の劇中衣装で登場!全身写真はこちら

「牙狼 GARO」の世界観を基に、闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師を討伐する闇斬師と呼ばれる女魔戒法師・媚空(秋元)の活躍を描く本作。大橋監督は「秋元さんに体を鍛えていただいたので、裸に近いアクションで何かいつもと違う見せ方をできるようなものを目指した」と告白。「スタントマンでもあんなにお腹が割れている人はいないと思う」と秋元の肉体美を絶賛していた。

テレビシリーズ「牙狼<GARO>−魔戒ノ花−」からの続投となった秋元は「また雨宮監督、大橋監督とお仕事ができるという喜びと、成長した媚空をお見せできたらという覚悟がありました」と力強くコメント。

「撮影スケジュールに合わせて、2か月くらい週3でトレーニングをしました」と話すと、会場からもその肉体美に大きな拍手が上がった。「自分の体なので、すごさがあまりわからない」と照れ笑いを見せた秋元だが、「驚きや衝撃を与えられたのなら良かった。こんなに腹筋で褒められたことはなかったので、良かったです」と満足そうに語っていた。

秋元とのアクションを演じた朝倉は、「相手が秋元さんということで緊張した」と述懐。「私が思い切り蹴って、媚空が腕でそれを止めるというシーンがあって。秋元さんの体が出来上がりすぎていて、カットがかかった瞬間に私が『痛い!痛い!』となってしまった」と秋元の肉体について驚き、「現場では卵を食べていて。あとは鶏のささみ」と秋元のロッキー級の食生活を暴露。秋元は爆笑しながら、「タンパク質をとろうと思っていたので、卵、ささみ、プロテイン!」と体づくりの秘訣を明かしていた。

最後には、秋元が「今まで『牙狼 GARO』を愛してくださったファンの方々と、新たにファンになる方が一人でも増えたらなと。素晴らしい『牙狼 GARO』シリーズに新たな風を吹き込めた作品になっていたらいいなと思います」とアピールし、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】