息絶えた仲間の隣で、たたずむ犬が「切なすぎる」と話題に

写真拡大

Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニーズの姿に、切なさを感じた多くの人がシェア。

でもそれは、この写真の哀しみだけが理由ではありませんでした。この2匹のために行動を起こした人々にも、多くの賞賛が集まっているのでしょう。

 息絶えた仲間の側でたたずむ
まるで彫像のような犬

スクリーンショット 2015-11-13 14.47.18

「誰か、この哀れな犬を救ってあげられませんか?たぶん、もう1匹は車に轢かれたんだと思います。きっと、彼は友達を守っているんだと思うの」

たまたま通りがかった道路で、最初にこの光景に出くわしたSamuel Floresさん。いてもたってもいられずFacebookに投稿しました。

そして、それを目にして行動に出たのが、動物愛護団体ボランティアのJulie Fennellさん。これは偶然ではありませんでした。というのも、「誰か本当に力になれる人に見てもらいたかった」とFloresさんは、真っ先に動物愛護ボランティアのFacebookページを検索し、フィード上に写真付きで上記のコメントを投稿したのだとか。「The Dodo」が伝えています。

地面を引きずるように
路肩まで伸びた血痕

スクリーンショット 2015-11-13 14.47.39

メッセージを受けてから程なくして、現場に到着したFennellさん。彼女のFacebookページによれば、路面に付着した血痕から見て、道路で車にはねられた茶色い犬を、白い犬がくわえて路肩の芝生の上まで連れてきたのは明白だったそう。

横たわる茶色いメス犬は、すでに息絶えていました。彼女がメス犬に近づくと、白いオス犬は威嚇するように何度も吠えてきたそうです。しかし、しばらくして自分たちを助けにきたのだということが理解できたのか、その態度は一転しFennellさんがよく知る穏やかなグレート・ピレニーズの性格に戻ったのだとか。

白いオス犬を車に乗せて走り出すと、彼は後ろを振り返ってはリアガラス越しに小さくなっていく仲間の姿を見送るかのような表情を浮かべていたそう。

スクリーンショット 2015-11-13 14.48.07

このニュースを伝えた「NBC」によれば、首輪や鑑札もなく、マイクロチップも埋め込まれていなかったため、彼ら2匹が飼い犬なのか野良犬なのかは分からぬまま。ひとまずグレート・ピレネーズはダラス動物センターで保護され、飼い主が現れなかった場合はグレートピレネー犬専門の保護施設に預けられるそうです。

 Reference:The Dodo , NBC
Licensed material used with permission by Julie Fennell & Samuel Flores