2度目の快挙にスタッフ、キャストもニッコリ SPECTRE (C)2015 Danjaq, MGM, CPII.  SPECTRE,
007 Gun Logo and related James Bond Trademarks,
TM Danjaq. All Rights Reserved.

写真拡大

 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じたシリーズ第24作「007 スペクター」の劇中爆破シーンが、「映画史上最大の爆破シーン」としてギネス世界記録となったことが明かされ、あわせて該当シーンのメイキング映像が公開された。

 11月10日(現地時間)に中国・北京で行われた会見で発表されたもの。特殊効果とミニチュア撮影のスーパーバイザーを担当しているクリス・コーボルドに代わり、クレイグと共演のレア・セドゥー、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが、ギネス世界記録の認定証を授与された。「ギネス世界記録」のクレイグ・グレンディ編集長は、「007シリーズは常に映画の可能性を広げ続けてきましたが、本作でまたもや世界中を魅了するすごいことをやってのけました。この爆発シーンはシリーズ中でも忘れられないシーンとして、ファンの記憶の中で生き続けるでしょう」とコメントを寄せた。なお、クレイグがボンドを初めて演じた「007 カジノ・ロワイヤル」(2006)でも、ボンドカーの「アストンマーティンDBS」が空中で7回転するシーンがギネス認定されており、今回が2度目の快挙となる。

 劇中での最大の山場ともいえる前述の爆発シーンは、6月29日(現地時間)に、モロッコ・エルフードで撮影された。映像では、8410リットル以上の灯油と、1キロの爆薬を詰めた容器が24個も設置されている様子が映し出されるほか、「ドキドキするよ。あとはボタンを押すだけだ」と興奮気味に語るスタッフの姿もとらえる。劇中では、ボンドとマドレーヌ・スワン(セドゥー)の背後で巨大な建造物が大爆発を起こすが、撮影風景もきっちりと収められており、臨場感あふれる内容となっている。撮影時の爆音と振動は、事前に半径32キロメートル内の人々に警告しなければならなかったほどの規模で、約7.5秒間も続いたという。

 「007 スペクター」は、前作「007 スカイフォール」(12)で描かれた事件で、ボンドが少年時代を過ごした屋敷が消失。焼け跡から出てきた写真の謎を追って世界各地をめぐるボンドは、旅のなかで秘密組織「スペクター」の存在を知り、自身の秘められた過去に迫っていく。レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーが続投するほか、クリストフ・ワルツ、モニカ・ベルッチらが新たに出演する。11月27日から29日の3日間で先行上映され、12月4日から全国公開。