違う扉が開きそうなほどキュートなウルトラの母
 - (C) 円谷プロ

写真拡大

 特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの人気キャラクター、ウルトラの母が、“史上最大のファッションモデル”として起用されているファッションビル「アミュプラザ博多」のクリスマス広告に登場。キュートなサンタクロースのコスプレを披露している。

 2014年3月のモデルデビュー以来、ウルトラの父にエッフェル塔で“壁ドン”をされたり、南仏の海外にて水着姿でバカンスを楽しんだりと、アミュプラザの広告に登場するたびに話題を読んできたウルトラの母。もはや、一流モデルの貫禄さえ漂う(?)彼女が、満を持してクリスマススタイルに挑戦した。

 頭にちょこんと乗ったサンタ帽はもちろん、胸元にきらびやかなビジューをあしらったワンピースのコスチュームや、クリスマス仕様のブーツを身に着けたウルトラの母は、人間から見てもドキッとしてしまうようなキュートさ。母のサイズに合わせた手元のクラッカーを派手に打ち鳴らすさまが、クリスマスのパーティ気分を盛り上げる。この広告イメージは、アミュプラザおよび、女性向けフロア「アミュエスト」館内でポスターなどで展開される。(編集部・入倉功一)