ライアン・マーフィー

写真拡大

気鋭のクリエイター、ライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャックのコンビが手掛けるホラー・アンソロジー、『アメリカン・ホラー・ストーリー』。今月10日、放送局の米FXが新たにシーズン6の製作を発表した。

【関連お先見!】『アメリカン・ホラー・ストーリー:Freak Show』 人間の心に潜む異常さを「見世物小屋」からご覧あれ!

米TV Lineによると、タイトル未定のシーズン6は、2016年秋にプレミア放送予定だという。FXのCEOであるジョン・ランドグラフは、「来年シーズン6が放送となることで、本作は名シリーズの仲間入りを果たしました。1作目の"呪いの館"から5作目の"ホテル"まで、本作は新たなTVシリーズの形態を開拓し、FXの最高視聴率を誇る番組となりました。想像もできないほどの創造性や大胆さを追求しています」と誇りをもってコメントした。

シーズン6のキャスティングは未定。しかし、現在アメリカで放送中のシーズン5『American Horror Story: Hotel(原題)』に出演しているレディー・ガガに関しては、彼女の演技を非常に気に入ったマーフィーが、すでにシーズン6への出演をオファーしたと先月初めにTwitterで明かしている。

なお、FXによると『Hotel』の視聴率は、過去シーズンすべての平均視聴率(放送初回と3日間)を上回っているとのこと。さらにFXの歴代視聴率においては、『Hotel』のプレミア放送は第2位。ちなみに歴代第1位はシーズン4の『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』のプレミア放送である。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・レディー・ガガ、『アメホラ』キャストを招きハウスパーティー! プールを血の色に染める演出も!『アメリカン・ホラー・ストーリー』クリエイター、最新作『Hotel』のミュージカル性を否定!『American Horror Story: Hotel』で採用されそうな、実際に起きた怪奇事件は?