tv_20151113132013.jpg

写真拡大

東京・福生市のマンションで12日(2015年11月)夕方、顔の皮膚がはぎ取られた男性の遺体が見つかった。男性は顔に青いポリ袋をかぶせられ、血だらけで倒れているのを同居している20代の男性が見つけ通報した。捜査員が調べたところ、男性は頭から血を流し、顔全面の皮膚が剥がされていた。死後半日ほど経過しており、部屋に剥がされた皮膚などはなかった。

ベランダ物干しに女性もの下着

発見した20代男性によると、12日午前5時半に帰宅した直後に被害者の男性も帰宅し、2人はしばらくおしゃべりをしたあとそれぞれの部屋で寝た。12時間後の午後5時半ごろ目が覚めて隣室をのぞいて遺体を発見したという。

プレゼンターの田中良幸が現場のマンションを訪れると、事件のあった部屋のベランダには女性用の肌着など衣類が干されたままになっていた。遺体の男性は性同一性障害で性別適合手術を受け、発見者の20代男性とは養子縁組をして同棲関係だった。

1か月前に警察沙汰

近所の人の話では、「(20代の男性は)出かける時に女装しヒールをはいていて腕を組んで常にぴったりついて歩いている感じだった」という。ただ、「(二人は)見るたびにケンカしていて、ひどい時には怒鳴り合ったり、外で口論しながら歩いていた」「1か月ほど前に、亡くなった方の方が女装している方の首を絞めたらしく警察に通報したみたい」と話している。

司会の小倉智昭「こういったケースの事件はあまり聞いたことがないですよね」

ショーン・マクアードル川上(経営コンサルタント)「非常におぞましいというか、死体損壊は時間がかかるわけで、相当な憎しみ、憎悪、あるいは精神的不安定がうかがえますね」