スカヨハと再共演 Photo by Gary Gershoff/WireImage、
Photo by Ian Gavan/Getty Images

写真拡大

 スカーレット・ヨハンソン主演で、士郎正宗氏のSF漫画「攻殻機動隊」を実写映画化する「Ghost In The Shell(原題)」に、SFアクション「LUCY ルーシー」でヨハンソンと共演したピルウ・アスベックが出演することがわかった。

 米バラエティによれば、デンマーク出身のアスベックが演じるのは公安9課所属のバトー。「LUCY ルーシー」でヨハンソン演じるタイトルロールの恋人役に起用されたアスベックは、人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン6に出演する他、MGMによるリメイク版「ベン・ハー」(来年全米公開)ではポンシャス・パイラト役を演じている。

 ドリームワークス製作による本作は、「スノーホワイト」のルパート・サンダースが監督がメガホンをとる。脚本家は、ウィリアム・ウィーラー(「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」)から、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のジョナサン・ハーマンに交代している。2017年3月31日に全米公開。