公開アフレコに臨んだ笑福亭鶴瓶と木村文乃

写真拡大

 ネイチャードキュメンタリー「シーズンズ 2万年の地球旅行」の公開アフレコが11月12日、都内のスタジオで行われ、日本語ナレーションを担当する笑福亭鶴瓶と木村文乃が収録に臨んだ。

 今作で映画ナレーションに初挑戦した木村は、「この仕事を始めてからずっと憧れていた仕事でした」と告白。そのうえでオファーが来た時のことを「いきなり大きい話が来たのでぽかんとしてしまった。原稿や資料を見ているうち、ようやく実感が沸いてきて、急いで準備をしました」と述懐した。

 木村は、本番前は「標準語圏で育ってきたのに、クマや犬といった動物の名前のイントネーションが難しい」と心配していたものの、いざ始まると「もう少し夜明け感を出してほしい」といった複雑なリクエストにも適格に対応。演出や監修担当者から「イントネーション、完璧です!」と称賛されると、ようやく表情を崩し「緊張した! 変な汗いっぱいかいた」と笑顔をのぞかせた。

 一方、多数の作品でナレーションを担当してきたベテラン・鶴瓶は、「台本なんていつも真っ白なのに、今回は(赤字で)台本がぐちゃぐちゃ」と準備万端の様子。だが開始直後に機材トラブルが発生し、動揺したのかNGを連発。さらに関東出身の木村も不安視していたイントネーションの問題は、関西出身の鶴瓶には更に難易度が高かったようで、「クマ」の発音を失敗する場面も。思わぬ苦戦を強いられたベテランは、アフレコを終えると思わず木村をのぞき込み「うまいねえ。ほんまに初めてか?」と感心しきりだった。

 「WATARIDORI」「オーシャンズ」などを手がけてきたジャック・ペラン監督とジャック・クルーゾ監督が、地球上の生命の2万年の歩みを描く。「シーズンズ 2万年の地球旅行」は、2016年1月15日からTOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。