ゲスト出演する「南海キャンディーズ」の山里亮太 (C)「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会
(C)テレビ朝日・東映AG・東映

写真拡大

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太が、「スーパー戦隊シリーズ」の第39作「手裏剣戦隊ニンニンジャー」と、第38作「烈車戦隊トッキュウジャー」が映画で共演するシリーズ最新作「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」にゲスト出演することがわかった。

 今作で山里が演じるのは、伝説の忍者のクローンを生み出し、闇忍者ランドの支配人も務めるマッドサイエンティスト・闇博士マーブロ。頭脳は明晰だが、子どもっぽく、忍者以外には全く興味がないというくせ者キャラだ。山里のキャスティングは監督・プロデューサーら製作陣の満場一致で決定したといい、セリフの話し方やニュアンスなどまったく演出が入らなかったという。

 このオファーに山里は、「僕でいいのかなっていうのが素直な気持ち」と驚きながらも、「役作りも何もなく、普通に確認でセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』って言われて(笑)。僕が38年間歩んだ人生を表現してみたら、それがマッドサイエンティストだったということですね。初めて嫌われていることが報われました(笑)」と自虐的にハマリ役ぶりをアピールしている。

 伝説の忍者に会えるという「夢の忍者ランド」からの招待状を受け取り、期待に胸を膨らませて向かったニンニンジャーだったが、それは闇博士マーブロの罠だった。ピンチに陥ったニンニンジャーの前に烈車戦隊トッキュウジャーが現れ、2つのスーパー戦隊が力を合わせて戦うことになる。

 「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」は、2016年1月23日から公開。