「金メダル男」で共演する内村光良と木村多江 (C)「金メダル男」製作委員会

写真拡大

 女優の木村多江が、内村光良の監督・主演作「金メダル男」でヒロイン役を務めていることがわかった。舞台・NHKドラマの「ボクの妻と結婚してください。」で夫婦役を演じた木村と内村が、今作では息ぴったりのコミカルな掛け合いを繰り広げる。

 2011年に上演された内村のひとり舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに、内村が監督、原作、脚本、主演の1人4役に挑戦し映画化。日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、秋田泉一は長野・塩尻市に生まれた。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲得したことをきっかけに、世の中のあらゆる一等賞をとる「金メダル男」を目指す。

 「ぐるりのこと。」(08)で第32回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いた木村は、有名人となった泉一のマネージャーを務めるヒロイン・亀谷頼子役を演じる。泉一の不屈の精神に共鳴し、金メダル男としての活動を支えるという役どころ。「コメディをずっとやりたかったので、新たに挑戦してみたいと思いました」とオファー当時を振り返り、監督としての内村に「面白さを追求し、色々なパターンを発想し撮影していくところがすごいんです。(撮影した画の)どれが使われるかわからないので気が抜けない、意外と緊張感のある現場でした」と最敬礼だ。

 一方の内村は、「(木村とは)何度か共演しましたが、ものすごく芝居が跳ね返ってくる人だなという印象がありました。彼女ならこの頼子という役を面白がって演じてくれるんじゃないかなと、期待して出演のオファーをしました」と明かす。さらに「儚いとか、きれいさよりも、かわいさとかチャーミングさを出せたらいいと思っています。あと、おっとりしているようで、意外にシャキシャキして、ちょっと男っぽいところもある。そういうところも出していきたいです」と説明し、「『頼子で笑った』と映画を見た人に言ってもらえるような演出を心がけています。そんな木村多江さんを見せられたらいいなと。タイトルらしくゴールデンコンビを目指しています(笑)」と意気込んでいる。

 映画「金メダル男」は、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の知念侑李が青年期の泉一役で出演している。2016年秋に全国公開予定。