3D映画の人気が下火に… Photo:windsordi(Flickr)

写真拡大

 3D映画のシステムを提供するRealDが、投資ファンドRizvi Traverse Managementに5億5100万ドルで売却されることになったとロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 2003年設立のRealDは、3D映画のシステムと専用メガネを提供するサービスにより、2万7000スクリーンと世界で最も普及していることで知られている。しかし、昨今は3D上映の人気下降の影響で売り上げが落ちており、今年の第2四半期は790万ドルの損失を計上している。

 サミット・エンターテイメントやICM、Twitter、スペースX、スナップチャットなどに出資しているRizvi Traverse Managementは、RealDを1株あたり11ドルの現金で買収。なお、同社の経営はマイケル・ルイス最高経営責任者が継続して指揮を執ることになるという。