ジェイソン・プリーストリー

写真拡大

"元祖ビバヒル"こと『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』でブランドンを演じたジェイソン・プリーストリー。現在46歳となった彼は、主演ドラマの撮影中に落馬したが、幸いにも大事には至らなかったようだ。本人のツイートを米Peopleが伝えている。

【関連記事】ハイスクールを舞台とした青春ドラマから...集まれイケメン高校生キャラ!<前編> 〜演じる人気イケメン俳優とともにご紹介〜

今月9日(月)、カナダのトロントで米ABCのドラマ『The Code(原題)』を撮影中に、馬から落ちて脳震盪を起こしたジェイソン。しかし2日後の11日(水)に、ツイッターでファンへ向けて自分は大丈夫だとメッセージを送っている。

「みんな、本当に温かい励ましをありがとう。セットで落馬したのは本当だよ」とジェイソンは落馬したことを認めながらも、「以前にも脳震盪を起こしたことがあるから、脳神経科で検査を受けたんだ。医師からは、数日休んだ方がいいとアドバイスされた。今は順調に回復に向かっている。撮影現場に戻るのが楽しみだよ」と経過は順調であることを明かした。

『The Code』でジェイソンが演じるのは、かつてはホッケーのプロ選手だった私立探偵。G・B・ジョイスの同名小説が原作の犯罪捜査ドラマで、2016年に全米で放送される予定だ。

ジェイソンはかつて自動車事故で九死に一生を得ている。1990年代からカーレースに出場していた彼は、2002年に次の大会に向けて練習していた際、レーシングカーを操縦中にコントロールを失い、時速およそ290kmで壁に激突。頭蓋骨や脊髄、両足、鼻を骨折した上に大量に出血するという危険な状態に陥った。その後、リハビリを経て俳優生活に復帰したジェイソンは「(事故の後は)日々のあらゆる経験を大事にしているよ」と語っていた。今後も元気であり続けてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・嘘発見器にかけられたトリ・スペリング、『ビバヒル』共演者との関係を赤裸々に告白!元祖『ビバヒル』放送開始から25年、出演者たちのその後は?『ビバヒル』リユニオンを企画したイアン・ジーリング、秘話を明かす!