11月15日に行なわれるGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)。本来の位置づけは、世代を超えた「最強牝馬決定戦」とされるが、今年は少し事情が違っている。

 というのも、今年は"目玉"となる有力牝馬が、相次いでエリザベス女王杯を回避したのである。その一頭は、今年の牝馬二冠(オークス、秋華賞)を遂げたミッキークイーン(牝3歳)。3歳牝馬のエースは、エリザベス女王杯ではなく、GIジャパンカップ(11月29日/東京・芝2400m)への挑戦を表明した。

 そしてもう一頭、昨年のGI秋華賞(京都・芝2000m)を勝ったショウナンパンドラ(牝4歳)も、同じくジャパンカップを選択。近走は、牡馬相手のGIで健闘していただけに、牝馬限定のエリザベス女王杯に出れば、確実に優勝候補となる存在だった。

 これらのライバルが回避したことによって、一気にクローズアップされるのが、ヌーヴォレコルト(牝4歳)とラキシス(牝5歳)である。

 昨年のGIオークス(東京・芝2400m)を制したヌーヴォレコルトは、今春には中山記念(3月1日/中山・芝1800m)を牡馬相手に快勝。その実力の高さは誰もが認めるところだ。最近は、白星からやや遠ざかっているものの、前走のGIIオールカマー(9月27日/中山・芝2200m)では2着と復調気配を示している。

 片や、昨年のエリザベス女王杯の覇者であるラキシスも、今春は一線級の牡馬たちを大阪杯(4月5日/阪神・芝2000m)で撃破。牝馬では明らかにトップクラスの存在だ。前走の京都大賞典(10月12日/京都・芝2400m)でも、強豪牡馬相手に4着と力のあるところを見せている。

 ともに、強力なライバルたちが別路線に行った今回の"女王決定戦"は、まさに負けられない立場。中心的な存在となることは間違いない。

 しかし、普通なら2、3番人気が想定されていた馬が、有力馬の路線変更や回避によって、押し出されて人気馬になった場合、そうしたレースでは得てして波乱が起こるもの。エリザベス女王杯で例を挙げれば、2012年のレースがこれに似たケースと言えるかもしれない。

 2012年と言えば、ジェンティルドンナが牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)を達成した年である。この3歳女王がエリザベス女王杯に参戦していれば、断然の人気を集めるのは確実だったが、彼女は果敢にジャパンカップ挑戦を決断。代わってエリザベス女王杯では、牝馬三冠レースでジェンティルドンナの2番手に屈してきたヴィルシーナに人気が集中した。

 もちろんヴィルシーナにとっても、ライバルのいない一戦。それはまさしく"負けられない戦い"だっただろうが、ヴィルシーナは他馬の徹底マークもあって2着に敗退。その間隙を突いて勝利を飾ったのは、7番人気のレインボーダリアだった。

 レインボーダリアは、当時まだ重賞未勝利の5歳馬。その夏にオープン入りを果たしたばかりだった。それでも同馬は、その1年前のエリザベス女王杯に格上挑戦。17番人気で5着と健闘するなど、2000mを超える中距離戦では高い適性を示していた。そうした距離への相性と、古馬ならではのレース経験を生かしたことが、金星につながったのではないだろうか。

 そんな2012年と同じく、"目玉"となる有力馬が矛先を変えて不在となった今年のエリザベス女王杯。再び、伏兵馬が台頭する可能性はある。

 そこで探してみたいのが、レインボーダリアと似た穴馬である。条件として挙げられるのは、「古馬」であること。そして、「距離適性」があることだ。

 この視点から浮かび上がってくる伏兵馬は、マリアライト(牝4歳)とフーラブライド(牝6歳)の2頭だ。ともに古馬であり、レース経験も豊富。さらに、それぞれ2000m以上のレースで結果を出していて、距離適性も申し分ない。

 マリアライトは今春、1000万、1600万の条件クラスを連勝し、オープン入りを果たした上がり馬。そしてその2戦が、2500m戦、2400m戦と、中距離戦には絶対の自信を持っている。

 オープン昇格後も、GIIIのマーメイドS(6月14日/阪神・芝2000m)で2着と好走し、続く牡馬混合のGIIオールカマー(9月27日/中山・芝2200m)でも5着と健闘。勝利という結果こそ出ていないものの、重賞クラスの力があることは証明している。重賞未勝利ながら、エリザベス女王杯で初のGI制覇を飾ったレインボーダリアに、その過程はかなり似ているのではないか。

 一方のフーラブライドは、すでに重賞2勝(愛知杯、中山牝馬S)の実績馬。年明けのGII日経新春杯(1月18日/京都・芝2400m)では、歴戦の牡馬相手に2着と好走し、前走の京都大賞典でも、のちに天皇賞・秋(東京・芝2000m)を完勝したラブリーデイ(牡5歳)からコンマ4秒差の5着と奮闘。「経験」も「距離適性」も、文句をつけようがない。

 さらに、京都大賞典では前出の有力馬ラキシスともクビ差。他馬からマークされるラキシスとは違って、フーラブライドのほうが気楽に乗れる分、本番で逆転があっても不思議ではない。加えて、前の年のエリザベス女王杯で、10番人気と人気薄ながら4着と健闘しているあたりは、レインボーダリアと重なる。

 有力な実力馬が2頭いることによって、2012年と比べて伏兵馬の台頭はより困難を極めるが、絶対的な存在がいなくなったことは確か。波乱の要素は十分にある。

河合力●文 text by Kawai Chikara