写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の新予告編が6日、ディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2015」において、世界に先駆けサプライズ上映された。

J.J.エイブラムス監督を中心に日本のファンのために製作された新予告編は、「D23」のプレゼンテーションの舞台に立った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディが紹介。「監督と出演者たちに代わって、ぜひみなさんにお楽しみいただきたい」と日本への愛情を込めて語った。

10月20日に全世界で公開された予告編では、キャラクターたちの背景が徐々に明らかになり話題となったが、今回公開された新予告編では、さらにヒロインのレイと各キャラクターとをつなぐ関係性が描かれている。

冒頭に登場するのは、ヒロイン・レイと新型ドロイド・BB-8との出会い。どことなく寂しげな表情のレイが「どこから来たの?」と声をかける。そして、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵・フィンとの出会いも映されており、やがて2人の運命は、伝説の船長ハン・ソロへの下へと続いていく。

フォースの暗黒面の担い手カイロ・レンの十字のライトセーバーがレイの首筋に向けられる衝撃のシーンも登場。また、レイが「私は家族を待っている」と意味深な言葉を発し、画面にも「目覚めよ」という意味深なメッセージも映し出される。

新たなる3部作の1作目となる本作の舞台は、『ジェダイの帰還』から約30年後。フォースを巡る全く新しい"家族の愛と喪失の物語"が描かれる。砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独なヒロイン・レイの運命は、ある出会いによって一変。旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要な鍵を握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンら、そして、十字型のライトセーバーを操る悪役カイロ・レンが登場する。

なお、新予告は、「D23」でのサプライズ上映後、公式YouTubeなどを通じて公開された。

※「D23」のチケットはすでに完売。当日券の販売はなし
(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved