アンジェリーナ・ジョリーと手を繋いで歩くヴィヴィアン	/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが忙しい仕事の合間をぬって双子の子供たちをショッピングに連れて行った姿をパパラッチされているが、7歳になったヴィヴィアンが父親そっくりと話題になっている。

【写真を見る】こちらはブラッド・ピットと手を繋いで歩くノックス/写真:SPLASH/アフロ

11月3日にニューヨークの街で撮影されたアンジーとブラッドは、それぞれヴィヴィアンとノックスの手を引いて路上を歩いている。アンジーはいつものようにシンプルな黒ずくめのファッションで、ブラッドもトレードマークのハンチング帽を被り、ジャケットにジーンズというカジュアルな姿で歩いている。

しかし、ひときわ目を引くのが長袖のTシャツにプリントのパンツ姿で長い金髪をなびかせて歩いているヴィヴィアンで、目元と言い唇の形と言い、父ブラッドの生き写しのよう。幼い頃からカメラマンに追いかけられているせいか写真慣れしているようで、余裕でパパラッチにカメラ目線を贈っている写真もある。双子とは言え、ノックスはブラッドには似ておらず、アンジーの子供の頃の写真によく似ている。

アンジーとブラッドは2人を書店に連れて行ったようで、店を出て来る時には、ヴィヴィアンもノックスもそれぞれ大きな袋を下げている。

写真を掲載したデイリー・メールのサイトには「双子の女の子のほうはブラッド・ピットとうり二つ。まったく同じ顔」「ブラッドがまたホットになっている」「なんて綺麗な子供たち」「ヴィヴィアンはブラッドの血を継いでいる。ノックスとシャイロはジョリー家の顔」といった読者コメントが寄せられている。

ヴィヴィアンは4歳の時に『マレフィセント』(14)で母親のアンジーと共演して話題になった。ボーイッシュなシャイロとは対照的に女の子らしい服やアクセサリーが大好きと伝えられているが、性格は勝ち気で「私に似ているのかもしれない」とアンジーが語ったことがある。【UK在住/ブレイディみかこ】