俳優陣は実際にエベレストでの撮影に臨んだ (c) Universal Pictures

写真拡大

 世界最高峰エベレストを舞台に、1996年に起こった実話を迫力の映像で描くサバイバルドラマ「エベレスト3D」の新たな本編映像が公開された。

 公開されたのは、エベレスト登頂ツアーを率いるベテラン登山家ロブ(ジェイソン・クラーク)が、頂上近くでトラブルに見舞われた参加者のダグ(ジョン・ホークス)と共に下山を試みるシーン。下山のためのタイムリミットを大幅に過ぎているばかりか、ダグは酸素不足により意識がもうろうとなり、自力では下山が不可能な状態に陥ってしまう。ロブは「休みたい」と弱々しく訴えるダグを「見捨てはしない。立て! 一緒に来るんだ!」と勇気付け、支えながら急な斜面を下っていこうとする。この時点でも十分に危機的状況だが、そんな2人に突如としてブリザードが襲いかかる。実際にエベレストで撮影を敢行したというダイナミックな映像だけでなく、絶体絶命のピンチに陥った2人は無事に助かるのか、見る者の緊迫感をあおるシーンとなっている。

 クラークは、ロブを演じるにあたり入念なリサーチを行ったと明かし、人物像を「彼は人を巻き込むのが大好きで、自分が見たものを他の人も見られるように手を貸してやったり、目標達成を手助けしたりするのが楽しくてたまらないんだ」と分析。本シーンでも、前回の挑戦では山頂手前でリタイアしたダグをなんとか山頂に到達させ、かつ生きて帰したい、というロブの強い意志を見て取ることができる。

 「エベレスト3D」は、各国からエベレスト登頂ツアーに参加した登山家たちが、過酷な環境による体調不良、機材の不備、天候の悪化など次々にピンチに見舞われながら帰還を目指すさまを描く。ジョシュ・ブローリン、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール、森尚子らが脇を固める。メガホンをとるのは、「2ガンズ」(13)のバルタザール・コルマウクル監督。本日11月6日から全国公開。