京アニ新作「無彩限のファントム・ワールド」 (C)秦野宗一郎・京都アニメーション
/無彩限のファントム・ワールド製作委員会

写真拡大

 京都アニメーションが刊行するKAエスマ文庫のライトノベル「無彩限のファントム・ワールド」(原作=秦野宗一郎/イラスト=しらび)のテレビアニメ化が決定した。制作を京都アニメーションが担当し、2016年1月からABC朝日放送、TOKYO MX、テレビ愛知、BS11で放送を開始する。

 同作は、幽霊・妖怪・UMAといった「ファントム」と呼ばれる存在が認識されるようになった世界が舞台。「ファントム」に対抗する能力を持った学生たちの戦いや日常を描いた学園ファンタジーで、10月30日には原作第2巻が発売される。

 監督は「響け!ユーフォニアム」「中二病でも恋がしたい!」などを手がけてきた石原立也、脚本は「未確認で進行形」「未確認で進行形」で知られる志茂文彦が務め、キャラクターデザインと総作画監督を「CLANNAD」「甘城ブリリアントパーク」の池田和美が担当する。

 主要キャストも発表され、ファントムを絵に描いて封印し、召喚する特殊能力を持つ主人公・一条晴彦役が、「となりの関くん」の関俊成役や「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%」の来栖翔役で知られる下野紘に決定。晴彦とコンビを組み、格闘技全般と「五行の氣」を組み合わせた特殊武術で戦う川神舞役を「アイドルマスター シンデレラガールズ」「艦隊これくしょん -艦これ-」の上坂すみれが演じるほか、早見沙織(和泉玲奈役)、内田真礼(水無瀬小糸役)、田所あずさ(ルル役)、久野美咲(熊枕久瑠美役)、井上喜久子(姫野アリス役)が出演する。