“VIP”扱いの太りすぎわんこ、ファーストクラスの搭乗口で激写される。

写真拡大

その日、アメリカン航空のファーストクラス搭乗口は、ちょっとした見物客で賑わっていた。王様のようなクッション付きカートでファーストクラスへ案内されたのは、巨大なわんこ。航空会社のスタッフたちも“VIP”を迎えるかのように対応していたという。

見物客の一人が「なんてこと。今まで見た中で一番太った犬だわ。しかも私の乗る飛行機のファーストクラスに乗るみたい」とSNSに写真と共に書き込むと、すぐさま反響を呼ぶことに。

英紙デイリーメールなどによると、この大きな犬はインテリアデザイナーの愛犬ハンク。体重が増えすぎて今は自力で歩けないため、カートで移動しているという。デンバーの空港でも同様に注目を集めたことがあるそうだ。

ネットでは「太りすぎ。かわいいけれど」「たぶん人よりも犬のほうが行儀はいいよ」「この犬は補助犬だね。だから一緒にファーストクラスに乗れるんだ。でもどっちが補助しているかわからないけれど」といったコメントが寄せられている。